結婚の決め手<花婿編>

男性にとっても結婚はとても重大なものですが、一般的には本能的に結婚をしたいと思う男性は非常に少ないです。

結婚をしてしまうことで「犠牲」なってしまうことや「責任」を果たさないといけないという義務が課せられると感じてしまうといった意見がとても多いです。

よって結婚にはタイミング、勢い、決め手が必要になることが言えるでしょう。
男性にとってパートナーを選ぶ上で重視している点は「一緒にいて癒されるか」「価値観が合うか」に分かれています。

生活を共にし、幸せな家庭を築いていきたいと感じる場合は迷わずに結婚を選択する方が多いですが、そう思わない場合は結婚をためらう事があるようです。

他にもおもしろい話としては、付き合う時間が長くなりすぎると結婚の決意を固めづらくなるということです。

お付き合いしてから大体3年以内まではPEAというときめきを感じる恋愛ホルモンが分泌されるのですが、3年を過ぎるとこの恋愛ホルモンが少しずつ減少していき、ベーターエンドルフィンという物質が分泌されます。

これによって安心感、幸福感、リラックスを得られるのですが、「一緒にいるとドキドキする!」といったときめきは薄くなっていきます。

つまり結婚を決めるなら3年以内がオススメかもしれません。
このようなタイミングも大切です。

できちゃった結婚、彼女からアプローチされて、単身赴任…といったことをきっかけに結婚される方も多いですが、男性も結婚をすることでたくましい男になれます。

責任を背負うことで、また大人として成長することが出来るものですので、結婚してよかったという人が多いです。

結婚は素敵なものですし、家族を持つことで幸せが更に増していきます。
結婚を機会に男としての深みを高めましょう。